こんにちは、うえだです。

 

今回は両面提示と片面提示についてです。

 

両面提示、片面提示とは

 

 

どちらも相手を説得する方法なのですが、

両面提示では、メリット・デメリットの両方を
伝えるのに対し

片面提示では、
そのどちらかしか伝えません。

 

 

例えば、

「最近できたお店行かない?おいしいらしいよ。でもすごく並ぶみたいだけど」

こんな感じなのが、両面提示。

 

「最近できたお店いかない?おいしいらしいよ!行こうよ!行こうよ!」

こんな感じなのが、片面提示です。

 

 

 

このように、両面提示では
デメリットも伝えるため、信頼度が上がります。

 

前もってデメリットを承諾してもらえれば
クレームにつながりにくいというメリットもあります。

 

両面提示は、

相手との信頼関係がまだ薄い場合や、
相手が提案に疑問を持っている場合など

 

論理的に判断したい人を説得するのに有効です。

 

 

 

片面提示の場合は、

メリット(デメリット)しか伝えないので
トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

特に、メリットだけしか伝えない場合ですね。

 

 

相手に何かをしてほしい場合はメリットだけ、
やめてほしい場合はデメリットだけを伝えます。

 

片面提示は

相手が提案を魅力的に感じている場合や
相手との信頼関係がある場合など

 

あなたのことを感情的に
好きか嫌いかで判断してもらいやすい方法です。

→好きか、嫌いか。感情的価値で戦う

 

あなたと信頼関係があれば十分に説得ができ、
魅力を感じてもらっているなら、わざわざデメリットを話す必要はないということです。

 

 

 

ビジネスに応用する

 

 

ビジネスに応用する場合は
基本的に両面表示を使います。

 

お客さんを安心させ、
信頼関係を作っていく、ということですね。

 

 

また、メリット・デメリットを伝える際には
デメリット→メリットの順で伝えましょう。

 

このことによって
メリットが強調され、印象が良くなります。

 

「最近できたお店行かない?すごく並ぶけど、おいしいらしいよ!」

という感じです。

 

さらに、デメリットを伝える場合は
メリットと関連させるというのがポイントです。

 

「価格が高い」というデメリットがあるなら

「機能の充実」や「故障が少ない」など
メリットを裏付けるデメリットを伝えていきましょう。

 

 

 

セールスレターを書く場合ですが
デメリット→メリットの順だと、最初から読まれない可能性もあります。

 

「メリット→デメリット→メリット」

の順で書くことによって
両面提示を使いつつ、興味を引くことが出来ます。

 

 

両面提示をしっかりすれば
お客さんはとても安心してくれます。

 

また、ブランディングができていれば
セールスは不要になるので、ブランディングも意識していきたいですね。

→ブランディングまとめ

 

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

また次の記事でお会いしましょう

        

追伸:限定プレゼントを作りました

 

僕はただの普通のサラリーマンでしたが、

ネット上で収益を上げる、ということに成功しました。

 

別に、才能があったとか、特別良い環境にいたというわけではありません。

 

ごく一般的な家庭で育ってきましたし、

仕事や勉強が良くできたわけではありません。

 

そんなどこにでもいる普通の僕でも、

ネットビジネスに出会ったことによって、人生が少しずつ変わっていきました。

 

ビジネスを学んでいく過程で、

人はどうやったら行動するのか?

どうやったら物が売れるのか?

自分が持てる資産とは何か?

こんなことを学んできました。

   

こういった体験を通して、

どんな人でも正しく努力することが出来れば、

人生を変えることが出来るんだと、改めて実感しています。

 

そんな自由な人がどんどん増えていけば、

もっとクリエイティブな世の中になっていくんじゃないかな、と思っています。

 

そういった理由で、僕がどのようにビジネスをしてきたのか、

また、どのようにビジネスを始めていけば良いのか、

それらをまとめた物を作りました。

 

自分の考え方を変えるマインドセットから、

実際に僕が稼いだ方法をまとめています。

 

5分~10分ほどの動画を100本以上収録していますので、

移動などのスキマ時間に聞いてみてください。

 

→無料でプレゼントを受け取ってみる。

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。