こんにちは、うえだです。

 

今回はPREP法についてです。

 

PREP法とは

 

 

PREP法は4つの要素の順番で構成される文章のことです。

 

Point:要点

Reason:理由

Example:例

Point:要点

 

この4つの要素の頭文字をとって
「PREP法」と名付けられました。

 

この文章構成が使われるのは、
プレゼンテーションなど内容を
簡潔に分かりやすく相手に伝える場面です。

 

 

要点のつかめない文章は、
最後まで読む気が起きませんよね。

 

相手に自分の伝えたいことを正しく伝えるためにも、
簡潔かつ説得力のある文章をこころがけなければなりません。

 

PREP法は次のような順で書いていきます。

 

1.Point:要点

まず初めに結論を述べます。

 

 

2.Reason:理由

次に、なぜその結論に至ったのか、
という理由を書いていきます。

 

 

3.Example:例

結論に至った例を分かりやすく解説します。

事例や具体的な例を交えて詳しく説明すると良いです。

 

 

4.Point:要点

最後にもう一度結論と要点をのべます。
先ほどの理由や例を踏まえてもう一度まとめます。

 

 

簡単ですが、このような形です。

では、なぜこの形が良いのか具体的に見ていきましょう。

 

 

PREP法のメリット

 

 

1.時間的ロスが少ない

 

一つ目のメリットは時間のロスが少ないということです。

 

何事においても、
素早くできるならそれに越したことはないですよね。

PREP法では、初めに結論から伝えていくので
短時間でその記事の概要を知ることが出来ます。

 

 

読者さんの離脱を減らすためにも、
ダラダラ書くのではなく簡潔にまとめ、
興味を引くような構成にする必要があります。

 

Googleやyahooなどのサイトから来てくれた読者さんは、
検索したキーワードがすぐに出てこないと
ページを閉じてしまう可能性は大きいです。

 

そのためにもまずは結論から述べる、
という方法が有効です。

 

 

2.要点が印象に残る

 

「何事も初めが肝心」

「終わりよければすべてよし」

 

このような言葉があるくらい、
人間は話の最初と最後の印象を強く受ける傾向があります。

 

PREP法では、まず初めに要点を伝え、
最後にまとめとしてもう一度要点を伝えます。

 

 

繰り返し伝えることによって、
相手の印象に残りやすくもなるんですね。

 

 

3.具合的なイメージが出来る

 

 

話の結論が最後に来るタイプの構成では、
読者さんは最後まで集中していなければなりません。

 

結論がわからないまま話が始まってしまうと、
ストレスがかかりやすくなってしまいます。

 

PREP法では、最初に結論を知ることができるので、
例が登場したとしても結論に対する情報だということがすぐにわかってもらえます。

 

 

なので、話の理解を深め、イメージすることが出来るし
ストレスが少なくてすみます。

 

 

以上、PREP法のメリットでした。

 

PREP法は内容が相手に伝わりやすく、
SEO的にも効果があります。

 

ぜひ、取り入れてみてください。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

また次の記事でお会いしましょう。

        

追伸:限定プレゼントを作りました

 

僕はただの普通のサラリーマンでしたが、

ネット上で収益を上げる、ということに成功しました。

 

別に、才能があったとか、特別良い環境にいたというわけではありません。

 

ごく一般的な家庭で育ってきましたし、

仕事や勉強が良くできたわけではありません。

 

そんなどこにでもいる普通の僕でも、

ネットビジネスに出会ったことによって、人生が少しずつ変わっていきました。

 

ビジネスを学んでいく過程で、

人はどうやったら行動するのか?

どうやったら物が売れるのか?

自分が持てる資産とは何か?

こんなことを学んできました。

   

こういった体験を通して、

どんな人でも正しく努力することが出来れば、

人生を変えることが出来るんだと、改めて実感しています。

 

そんな自由な人がどんどん増えていけば、

もっとクリエイティブな世の中になっていくんじゃないかな、と思っています。

 

そういった理由で、僕がどのようにビジネスをしてきたのか、

また、どのようにビジネスを始めていけば良いのか、

それらをまとめた物を作りました。

 

自分の考え方を変えるマインドセットから、

実際に僕が稼いだ方法をまとめています。

 

5分~10分ほどの動画を100本以上収録していますので、

移動などのスキマ時間に聞いてみてください。

 

→無料でプレゼントを受け取ってみる。

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。