こんにちは、うえだです。

集中するといった意味合いで使われる
「フォーカス」という言葉ですが1度は耳にしたことがあると思います。

 

今回は自分がフォーカスできるような環境を作るということについて
お伝えしていきます。

本当のフォーカスとは

 

 

【focus】

焦点。中心。集中させる。
こんな感じの意味があります。

 

カメラでフォーカスを合わせるなんて時に
よく使いますよね。

 

1つのことに集中したり
1つのことについて頑張ってみたり

そういうとらえ方をしている人が多いと思いますが

じつは少し違います。

 

 

集中しなければいけないこと以外のものを捨てる。

これが本当のフォーカスです。

 

英語の意味にもあるように
正しくは「集中する」ではなく「集中させる」です。

 

自分が集中してやらなければいけないこと以外のことを捨て
それ以外やることがない状態を作り出します。

 

例えば、

考え事をしていて煮詰まっているとき

気分転換にシャワーでも浴びるかと
浴室でシャワーを浴びている間にめちゃくちゃ良いアイディアが浮かぶ。

あなたにはこんな経験がありませんか?

 

これも一種のフォーカスですよね。

 

浴室はシャワーを浴びる以外の選択しがないわけです。

よって、思考にフォーカスし余計なことは考えなくなるってわけですね。

 

これが意識的にできるようになったら最強です。

自分を強制的に集中させていきましょう。

やりたいこと以外のことを捨て
結果、やりたい事だけをやらざるを得ないことになります。

 

 

ここまで来たらやることは1つしかありません。

 

「あっ、いつの間にかこんなに時間がたってた。」

 

あなたもこんな経験をしたことがあると思います。

自分の好きな事や、
楽しいことをしているときによくなりますよね。

フォーカスするとこれが発動します。

 

没頭です。

 

フロー状態、ゾーンに入るとも言いますね。

この状態に入ってしまえばかなりの量をこなすことが出来ますし、
集中しているので質も良くなります。

 

今、手元にスマホがあると思います。

試しに電源を切って勉強してみてください。
今まで以上に捗るはずです。

 

断捨離と聞くといらない服やモノを捨てるというイメージがあると思いますが
こういったことも断捨離です。

 

スマホに入っているアプリを減らす。
友人と飲み会に行く回数を減らす。

こういったことから始めてみてもいいかもしれません。

 

実際に着ていない服やいらないモノなどを
処分するのもいいでしょう。

部屋も片付いて、注意力も散漫になりません。

 

いつか使うと思って捨てられないモノってあると思います。

ですが、

「いつか」=「いつでもない」と言い換えることもできます。

この際、一気に環境を整えていきましょう!

 

捨てるだけではなく
メルカリやヤフオクに出品するという手もあります。

 

いきなりフォーカスできなかったとしても
少しずつ断捨離していくことは可能です。

 

必要ではない時間を排除する。

これを思い出してみてください。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

        

追伸:限定プレゼントを作りました

 

僕はただの普通のサラリーマンでしたが、

ネット上で収益を上げる、ということに成功しました。

 

別に、才能があったとか、特別良い環境にいたというわけではありません。

 

ごく一般的な家庭で育ってきましたし、

仕事や勉強が良くできたわけではありません。

 

そんなどこにでもいる普通の僕でも、

ネットビジネスに出会ったことによって、人生が少しずつ変わっていきました。

 

ビジネスを学んでいく過程で、

人はどうやったら行動するのか?

どうやったら物が売れるのか?

自分が持てる資産とは何か?

こんなことを学んできました。

   

こういった体験を通して、

どんな人でも正しく努力することが出来れば、

人生を変えることが出来るんだと、改めて実感しています。

 

そんな自由な人がどんどん増えていけば、

もっとクリエイティブな世の中になっていくんじゃないかな、と思っています。

 

そういった理由で、僕がどのようにビジネスをしてきたのか、

また、どのようにビジネスを始めていけば良いのか、

それらをまとめた物を作りました。

 

自分の考え方を変えるマインドセットから、

実際に僕が稼いだ方法をまとめています。

 

5分~10分ほどの動画を100本以上収録していますので、

移動などのスキマ時間に聞いてみてください。

 

→無料でプレゼントを受け取ってみる。

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。